電車で降りる駅が決まっているのに、いま読んでる本を読み終わるまで降りないでおこう、というのは大馬鹿だけれど、じつは日常よくやらかしてしまう間違い。

休憩の時間は終わったのに、

この動画見終わるまで、

このコミック読み終わるまで、

ずるずる時間を伸ばして、気がついたら1日が時間切れ、

小さなことみたいだけど、実は取り返しのつかないミス。

 

同じことの大馬鹿バージョンを

 

新幹線で浜松に帰る途中、

仕事も終わってくつろいで、持っていた本をよんでました。豊橋すぎたころ、場面はクライマックス。

浜松が近づいた時、何を思ったのか

 

”キリのいいとこまで読んだら降りよう!”

 

ばかです。

でもそのときは、なんの躊躇もなく乗り過ごし、本に没頭。

 

気がついたら小田原です。

あわてておりて、下りの新幹線(45分待ち!)にのり、帰りは真夜中。

 

家人は一言、

”ばかじゃないの⁉️”

はい、ばかです。

 

でもこれ、毎日の中によくある出来事。

規模は小さいけど大馬鹿には変わりない。

治さないと!