読解力のまえに語彙力、語彙力の前に識字力

うちの子は国語ができません。本をよまないからでしょうか?

1番多い相談です。

 

いえ、本を読むのはレベルの高い行為です。

まず、字を読めるのか、確認してみてください。

 

失礼な

 

とおもうかもしれませんが、

国語が苦手な生徒さんで、ひらがなの読みに問題がある子は意外と多いのです。

 

は、が、の、を  といった助詞の見当がつかないため、単語の塊をみつけられずに、変なところで区切ってしまう。

 

言葉のかたまりに意味を与える推測力がない。

 

これは。言葉の知識量に関係する話

 

そのまえに

単に文字に慣れていない子もいるのです。

 

絵本を読むことは、情操面だけではなく

ひらがなの羅列を分節として読む訓練でもあります。

同音異義語の多い日本語では

状況に応じて単語の意味を推測するのは

重要な技術です。

 

これは、学校や塾で習得するには時間がなく、

本人が身につけた知識を運用していくしかありません。

 

ひらがなの絵本をあまりはやく卒業させないであげてください。

 

そして、家に文字を取り入れる。

走り書きの伝言

覚書のメモ

なんでもいいのです。

 

塵も積もれば山となる

です!

 

まず、識字力です