無料の夏期講習をはしごさせても得点力はつきにくい

夏期講習無料

 

ふえています。

日程を調整すれば夏休み中無料講習で埋めてしまえるかも

 

では、夏休み中ずっと無料講習をうけていたら成績は上がるのか?

 

こたえ

平均以上は上がりません。

 

夏期の無料講習は基礎の確認、

必修レベルがほとんどです

繰り返しうけても必修レベルを完璧にするだけ

 

あ、特例で効果がある生徒もあります。

 いままで厳しい部活にはいっていて、基礎が曖昧な生徒。または、勉強をする習慣がなかった生徒。復習の習慣がなくて、どんどん忘れていくため成績は低迷

 この場合は何度も同じところを繰り返すので、自然に教科書レベルが身につくようになります

 

必修レベルには上限があります。

中学校学力調査(県で一斉におこなわれる5教科のテスト)180点

効率の偏差値なら55

附属中、西中なら46

が目安

 

これは、無料講習会をいくつうけても同じです

 

必修の次には

標準があり

 

標準の次には

発展がある

 

必修問題4割

標準問題4割

そして、2割を占める発展問題が、合否を決める、

これが一般的な問題構成です

 

必修レベルを完璧にしても得点力はあがりません

 

難関になれば得点配分がかわる。

そして

一斉に同じ問題を解く公立高校入試の場合は、学校により配点を変えて難易度を調整します

 

つまり

計算問題に高い点を配置するか

応用問題の配点を高くするかで

難易度の調整をするのです。

 

無料の夏期講習は、スタートには有効です。

でも一回で十分

次のステップに早く進みましょう