考える力を身につけて受験に成功!静岡県浜松市の個別指導塾agzemi(エージーゼミ)あゆみ塾長のブログ

静岡県浜松市で、一対一の個別指導塾を開いているAgZemi(エージーゼミ)のあゆみ塾長のブログです。勉強の仕方がわからない小学生や中学生、算数苦手な子、考える力をつけて受験に成功しよう!

読書感想文を書けなかったら白紙で出せばいい、という、メルカリ感想文問題での朝の情報番組でのコメントについて その想像力のなさについて

かけなかったら白紙で出せばいいんですよ!

 

朝の情報番組ビビット

で投げつけた

コメンテーターの一言の裏に

 

どのくらいの思考と想像力があるのかな

 

白紙で出します

 

先生に呼ばれます

 

親に連絡がいきます

 

親と先生がお話し

先生と子供がお話し

子供と親がお話し

 

また、

たいていこういうことを

後で知る〔ことが多い〕父親のダメ出し

 

白紙で出すということは

はっきりした

否定の意思表明なので

この

一連の流れは避けられないのでは

 

そして、親は

自分の子が

 

感想文を白紙で出した子

と認知されてもいいのかも

考える

 

街頭アンケートで親がいうのは構わない

その親には、

その結果を引き受ける子供がいて

個人的な問題だから。

 

でも、それに乗ってコメントする

コメンテーターには

その問題を一般化して

想像力を駆使して

意見をいう

責任があるんじゃないかな

 

もちろんメルカリ感想文も、感想文自体も

問題はあるけど

 

考えずに極論をはくのは、

どうかな

という疑問