考える力を身につけて受験に成功!静岡県浜松市の個別指導塾agzemi(エージーゼミ)あゆみ塾長のブログ

静岡県浜松市で、一対一の個別指導塾を開いているAgZemi(エージーゼミ)のあゆみ塾長のブログです。勉強の仕方がわからない小学生や中学生、算数苦手な子、考える力をつけて受験に成功しよう!

今週も添削しました 浜松附属中学校入試問題 平成27年度 国語 その2その3

平成27年度 説明文を解いてくれました。

この年の説明文は、骨についてでしたね!

君は最後の問題が思いつかなかったようですが

 

頑張って考え出してくれた

 

クラゲに骨がないわけ

体の中で1番小さい骨は何か

 

です

 

この問題は

文の構造がわかっているかどうかを

確認する問題です

 

想像力を羽ばたかせる問題ではありません。

 

本文をみてください

①段落が問題提起と簡単な結論【骨は素晴らしい】

②そのあと、骨が素晴らしい理由を事実を挙げて説明

③結論の確認と発展の話題

と、

綺麗なプレゼンテーションの構造になってます。

問題は②のぶぶんからでています。

ここの文構造は

骨は〇〇   

それは〜だから

のセットですが、

何ヶ所か

それは〜だから

がない部分があります。

 

それを拾って質問の形で答える

 

それが正解です。

 

だから、

あなたが骨について疑問に思ったこと、

という設問は

こう読み替えてください

 

あなたが

骨についての説明文を読んだ時、理由がないので、疑問に思ったこと、です。

 

これも、読解の変形

演習で慣れておいて

すぐに文から探す作業に入れるようにします。

 

問題の答えは文中にある

変形でした

 

頑張って!