考える力を身につけて受験に成功!静岡県浜松市の個別指導塾agzemi(エージーゼミ)あゆみ塾長のブログ

静岡県浜松市で、一対一の個別指導塾を開いているAgZemi(エージーゼミ)のあゆみ塾長のブログです。勉強の仕方がわからない小学生や中学生、算数苦手な子、考える力をつけて受験に成功しよう!

ぼんやりとした東北のイメージを、大船渡に、被災地という言葉を、復興の地に変えるために、1人東北弾丸ツアーをしてきました。

3月11日平野さんのブログで泣きました。

https://ameblo.jp/kagishippo20170512/entry-12359485706.html

私は大人なのに、子供達を守れません。

それが災害だということを思い知ったような気がしました。

 

津波にのまれた中学生の子たちと同じ年齢の子を教えていると、涙が出てきます。

 

泣き止むために大船渡に行きました。

 

私には、東北といっても、

ぼんやりとひろく、

薄暗いイメージしか浮かばない。

きちんとその場所を見たい、

テレビや文字ではなく、自分の目で見たい。

 

強く思いました。

 

最優先の課題だと思いました。

 

11日にブログを読んで15日に出発。

 

平野さんは急な申し出に驚きながら、快く迎えてくれました。

 

とはいえ、片道7時間半

ながかった!

その合間にも、ブログのこと思い出すと、

涙が出てきてしまいます。

 

でも、仙台を過ぎて、

お味噌のおむすびをたべ

つい話題のサバ缶をかい

一関を過ぎて、気仙沼を過ぎて

f:id:mimamoh:20180317213443j:image

バスに乗り換えて、綺麗な海岸沿いを走り

f:id:mimamoh:20180317213643j:image

被災した校舎、奇跡の一本松を見る頃にはおちついてきました。

f:id:mimamoh:20180317213741j:image

大船渡は、復興中で

ホテルの周りには新しいお店がたくさんできていて、活気があったからです。

 

平野さんのおみせの

かぎしっぽにいき、

まる店長と会い

どうしても私が言いたかったこと

 

どんなにがんばっても

大人がこどもを

たすけられない。

それが災害なんだ

とおもったの。

そしたら、本当にかなしくて

たまらなかった。

 

とつたえると

そうだよ、

とうけとめてくれました。

遠くから突然きて

涙ぐんでる私に、

平野さんは優しかったです。

まる店長も(そこそこ)

f:id:mimamoh:20180317214241j:image

メディカルアロマを作って

f:id:mimamoh:20180317214256j:image

美味しいお刺身を食べて、

お酒を飲んで

f:id:mimamoh:20180317214336j:imagef:id:mimamoh:20180317214342j:image

私の東北は大船渡という名前を得て、人が暮らしている街になりました。

誰を、どう思えばいいのかもくっきりしてきました。

 

いま1番必要なのは

ここに、どんどん日常を注入することだと思いました。

人が来て、動いて、食べて、遊んで

それが

1番いいことのような気がしました。

 

また行こうと思います。

大好きになった街に。

f:id:mimamoh:20180317215228j:image

5時20分始発で帰り

滞在5時間  移動15時間

また行きます