静岡県浜松市の個別指導塾agzemi(エージーゼミ)あゆみ塾長のブログ

静岡県浜松市で、15年間一対一の個別指導塾を開いているAgZemi(エージーゼミ)のあゆみ塾長のブログです。勉強の仕方がわからない小学生や中学生、算数苦手な子、考える力をつけて受験に成功しよう!

とつぜん"エルマーのぼうけん"をキライになったわけ。読みにくさ、を感じたら、すぐに読書が止まってしまうんだね。

 

f:id:mimamoh:20181106105310j:image

 

教室では音読の練習もします。

エルマーのぼうけん

おおどろぼうホッツェンプロッツ

長くつ下のピッピ

を順番にゆっくりよんでいきます。

 

エルマーの冒険は

みんなだいすき。

エルマーといっしょにみかんの数を数えたり、

りゅうについてはなしたりします。

 

ずっと使っていた本は古くなって黄ばんでしまったので、

新しい本をかいました。

 

さて、よんでみると、

あんまり読みがすすみません。

なんだか読みにくそうで、

その日は途中で本読みは終わってしまいました。

 

わたしも、なんだか違和感があったので

古い本と見比べてみました。

新しい本は読みにくかったです。

【こちらが古い方】

f:id:mimamoh:20181106110315j:image

【次のが新しくかったもの。】

f:id:mimamoh:20181106110002j:image

 

行間がゆったりしている古いものを読むときは行替えの間違い(同じところを読んだり、1行飛ばしてしまう)がほとんどなかったのですが、新しいものは、読み進みにくかったです。

 

文もデザイン。

レイアウトって大切だな、と思いました。

 

文庫本でも文字レイアウトが変わって読みやすくなった出版社、読みにくくなった出版社がありますよね。

 

小学校低学年なら、スペースをゆったりとった絵本の音読もいいかもしれません。

 

 

【お気軽にどうぞ!】

◇◇ホームページ◇◇

https://peraichi.com/landing_pages/view/agzemi

◇◇Facebook◇◇

http://facebook.com/ayumihikita

◇◇Instagram◇◇

https://www.instagram.com/achagi1234