考える力を身につけて受験に成功!静岡県浜松市の個別指導塾agzemi(エージーゼミ)あゆみ塾長のブログ

静岡県浜松市で、一対一の個別指導塾を開いているAgZemi(エージーゼミ)のあゆみ塾長のブログです。勉強の仕方がわからない小学生や中学生、算数苦手な子、考える力をつけて受験に成功しよう!

普段からすすめておくと困らない、定期テスト対策 基礎の基礎 保護者がすると効果的な工夫

 

f:id:mimamoh:20180616051213j:image

🔳  日常生活編

①   用事を伝える時、メモを意識的に残す。

    文字に触れる機会が減っています。

    箇条書きでメモをとるのも読むのも、最近増えている国語のリスニングに有効!

②   あと何分で何時、という言い方を意識的にする。

テストの時間配分、勉強の時間配分、下手な生徒が増えてます。時間が意識できる子にしましょう。1時間は?と聞くと100分⁉︎と答える子もいます。

③   最後に、大事なこと、勉強に使うものを常に見直して、荷物を少なくする。

例えば筆記用具、シャープペン、赤ペン、消しゴムがあれば勉強はできます。シャープペンが壊れた時のために鉛筆で、小さい鉛筆削りをもつのもいいです。

筆記用具の数とテストの点数は反比例(の場合が多いですよ、ほんとに…)

 

毎日意識していると、かなり効果がありますよ!

大人にも有効!

ぜひやってみてください。

 

三色ボールペン一本で過ごすあゆみ塾長のインスタグラムも、こちらから

https://www.instagram.com/achagi1234

 

 

 

 

 

私が思っていること、口にしたらはっきりした。石川玲子さんのインタビュー力

f:id:mimamoh:20180615091159j:image

【ローカル線のホームが好きです】

 

想いや考えは言葉にするとはっきりすることを実感しました。

 

私の、学びについての考え方はこちら

意外に硬派なんだな、とおもいました。

 

http://mechawriter.com/archives/623

小学生が世界を感じていく順序が、丁寧に書かれてある指導要領。よんでみませんか?

f:id:mimamoh:20180614183700j:image

 

小学校指導要領の中に書かれている、

とても素敵なこと。

 


1、2年生に求められてることって

いったいなあに?

 


それは、その子が、

また気づかなくても、

長い歴史のなかにいきていて、

多くの人とつながっていることを、

柔らかく感じさせること

 


好きなもののことをお話しする

優しい神話を読む

昔話を楽しむ

人に 大好き を伝えると

なぜか自分も幸せになると知る

 

3、4年生は世界の扉を叩く年

調べたことを理由や例をあげて話せるように

意見をじょうずにつたえあうために

丁寧なことばづかい、

大切なことを聞き落とさないよい聞き方

話し合い、インタビュー

誰かと交流するためのコツや知識を学んでいく

 


世界が大きく広がるか

小さい世界にとどまるか、

少しずつ差が出てくる

でもあせらない、

 

この時期

個人差は大きいです。

 

伝える力が大切だと思う

agzemi(エージーゼミ)についてはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/agzemi

 

幸せの理由を探したらどんどん幸せになる。不幸の理由を探したら…

f:id:mimamoh:20180613215253j:image

生徒に1番伝えたいことは

幸せになる方法

 

私は幸せだから

どうやって幸せになったのかをさがして

その方法を分けてあげたい

 

幸せの理由を探していると

どんどん楽しくなる、

人生が彩られていく。

 

きっと

不幸な人は

その理由を探して

嫌なもの、辛いことを

自分の人生から拾い上げてしまうんだろう

それはつらい

 

それは無駄な行為だと

考えることができる

そんな力をつけて欲しいんだと

それが私の望みだと

あらためて思う。

 

食糧を備蓄することを楽しみだと初めて思うことができた、"目から鱗の家庭防災"講座

f:id:mimamoh:20180612183904j:image

こんなボックスがキッチンの横にならんでます。

 

中を覗くと

f:id:mimamoh:20180612184428j:image

なんだか見慣れた美味しそうな食べ物が!

コンビニやスーパーにある長期保存の食料品

 

これらを使って、ファイルボックスに1日分の家族の食糧を保存、管理するのが、

防災士 小野綾子さんの推奨する備蓄です。

 

あのね!

楽しそうなんです。

 

私はコンビニを中心に買い物をしているので(塾の隣がコンビニだから)コンビニチョイスで備蓄セットを作るなら大歓迎です。

 

そしてそのセットを毎月一つづつ食べて、新しく補充していく!

 

レトルトのご飯やシチュー、長期保存できるおかずがいっぱいのコンビニで備蓄!

選ぶのも楽しい、気持ちの負担もない!

名案です!

(小野さんはもっと幅広く入れてましたが…)

 

それに、こうしておけば

非常の1日

例えば、熱が出た、

買い物に行けなかった、

そんな時にも役立ちます!

みためもすっきり!

絶対導入です!

そんな、小野さんのブログはこちら

http://ankomura.blog95.fc2.com/blog-entry-1258.html

そして、教室にカロリーメイトを備蓄しているあゆみ塾長のホームページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/agzemi

 

俺比1.5倍って、どこが猛勉? 普段勉強してない子がおちいる落とし穴!

f:id:mimamoh:20180612095001j:image

 

普段勉強していない子が、テスト勉強をしている時、1時間をすぎる頃、目が輝いてきます。

どうも、アドレナリン超分泌の模様。

 

「基礎の問題がサクサク解けるぅ!

進む、進む!

俺って天才なんじゃね?」

 

いやいや違うよ

まだまだ基礎だよ、

点数取りたいならあと3段階あるよ!

 

というわけで自宅学習の最低目安は

小学生は学年×10分

中学生は学年×1時間かな

テスト前は1日何時間というより、教科書2ページ理解と演習1時間、という目安でトータル出して見てください。

意外に時間がいると分かるだけでも進歩です!

 

 

 

 

 

テスト前の対策!やるべきことは、今までの進み方で違ってきます!進度別、対策は?これ!

f:id:mimamoh:20180611162505p:image

 

提出課題は、もう解き終えて、基礎は万全。一問一答のレベルなら間をおかずに応えられるようになった生徒は

 

応用問題を中心に解いていく。

一問一答の、問題の部分が記述の答えになる場合が多いので、用語を見て説明、の逆一問一答でちからをつける。目標80点以上

 

◾️提出課題を土日に解いて、全範囲の内容を確認、一問一答はまだ一周しかしていない生徒は

 

テスト前だからと言って、無理に応用問題に手を出して理解を曖昧にするのがこのレベル。勉強した割に点が取れない、という結果に。

基礎問題は三周が基本。応用問題は3割くらいに。目標60点以上。得点に波があるタイプ。

 

◾️やっと範囲を確認したが提出課題はまだ終えていない生徒。

 

まず提出課題をコピーしてとっておき、わからないところはすぐ答えを見て課題の記入を終わらせる。

そのあとは、教科書と課題のみ繰り返す。

課題をやり始めてすぐつまづき白紙のまま提出日を迎え、点数も、内申も悪くなる恐れがあるので、提出は最優先事項。

めざせ!平均!

 

 

直前はとにかく応用、などと考えず、自分にあったレベルの勉強をしましょう。

基礎を中心に学習することは入試の準備にもつながります、

くれぐれも

「時間がたてば、テストは終わる…」みたいなことをいって、考えるのをやめないでね!

 

Ag Zemi(エージーゼミ)のホームページはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/agzemi