静岡県浜松市の個別指導塾agzemi(エージーゼミ)あゆみ塾長のブログ

静岡県浜松市で、15年間一対一の個別指導塾を開いているAgZemi(エージーゼミ)のあゆみ塾長のブログです。勉強の仕方がわからない小学生や中学生、算数苦手な子、考える力をつけて受験に成功しよう!

子供の話を最後まで聞けて、あわよくば怒らないで済む方法

単純ですけど、

子供が話し出したら子供の方を向いて、口角を上げて引き締める。

えくぼができる勢いで、口角を意識して。

 

その姿勢で聞くと、

怒る態勢に移るのが難しくて、

間抜けなタイミングになっちゃう!

おすすめです!

 

 

数学で、テスト前に全ての学年がするべきことは、四則計算の確認

 基礎が8割

特に計算力、

基本中の基本ですが、できないせいとがおおいです。

特に少数と分数が混ざった計算。

定期的に全ての計算方法を復習したほうがいいとおもいます。

学年が上がると問題が難しくなって、時間はかけているけど解いた問題数は少ない、ということになり、計算力も落ちるので要注意!

 

正答になりやすい文字の大きさは5㎜角以上。

答案、て、手紙と同じです。

誰かが出した問題を考え、解き明かす、

"こう解きました。みてください。"

と、返すのだから、読みやすくなくては。

 

自信のない答案ほど雑になり、早く走り書きをし、小さくなる。

自分でさえ見間違えてしまう。

目安を決めて、意識しましょう。

5㎜角以上。

読みやすいです。

テスト準備が順調に進むために気をつけるちいさなこと、

無駄な選択の機会を減らす、ということです。

 

日常がルーティーンなほど、無駄なエネルギーを使う必要がなく、

選択の機会も減るので

勉強に向ける力がたくさん残ります。

 

テストの計画を立てる時にも

毎日同じことをする方が効果があります。

土、日のお休みも、単純に半日で分けて2日分の勉強をする、

というように、単純化していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

社会のテスト対策で要点チェックだけを見るのはやめよう。特に歴史

歴史は原因と結果の積み重ねだからです。

一問一答で大量の単語を一度に詰め込んだら?混ざります…

社会はたくさんの情報を踏まえて、代表人物を時代ごとに1人、選んで覚えましょう。

古代、中世は100年に1人です。

中間テストの範囲が出たらあと何日か、正確に数えよう

中間テストの範囲が出始めてます。

だいたい、二週間前に配られる範囲表。

もらったらすぐにテスト日をチェックしましょう。

2週間くらい、という曖昧な日にちではなく、あと何日か、正確に数えます。

特に月をまたいでいる場合、

"テストは来月"

なんて思ってたら、5日後だったりして…

"あと何日"

チェックをぜひぜひ!

デジタルとの出会いかた、

あくまでも個人的な意見ですが、

初めてのタブレットは、学習ゲームなどのゲーム系からではなく、

役立つツールとしての調べ物系から入るといいとおもいます。

 

学習ゲームをたくさんは知らないのですが、大体のゲームは学習のなかでは面白くゲームの中では魅力に乏しいように思えます。

 

無料の学習ゲームをしていると入ってくるゲームの案内は学習ゲームに比べ圧倒的に面白そうでした。

 

ネットというのは視野の狭い興味を異様なスピードで煽るものです。

 

大人は学習だと思ってやらせていてもこどもはゲームだと思ってやっている。(確かにそこが狙いなんだけれど)

 

最初にタブレットにゲームの印象を与えると、どんどん先に進んでいく、そんな不安はあります。